オリジナルデジモンストーリー掲示板NEXT
 

小説とその感想の掲示板です。小説を投稿される方は小説投稿規約を必ずお読みください。

         


ID.5012
 
■投稿者:マダラマゼラン一号 
■投稿日:2018/06/20(水) 13:42


エンドロールの続きの続き
 こんにちは。nextでははじめましてになりますマダラマゼラン一号です。「グッド・オールド・フューチャー」は書籍版で読ませていただいたのですが感想はせっかくなのでこちらで投稿させていただきたいと思います。

 最初に「かつて選ばれし子どもだった私立探偵の老人」というジェームズの設定を聞いた時から「コレ絶対好きなヤツーーー!」と一人で叫んでいました。作品の全体を通して漂う洋モノのミステリー/サスペンスのような雰囲気も大好きです。ガブモンの最後の言葉を聞いて事件解決への光明を得たジェームズが眼鏡をかけ直すシーンは最高にカッコよかった。
 そしてまたジェームズやリリスモンをはじめとしたある意味で時代に取り残された過去の英雄・魔王達の描写も印象的で、本作が「エンドロールの続き」の物語であることを物語っているように思えました。

 そんな哀愁漂う物語の中に持ち前の陽性を武器に斬り込んでいく主人公・春子。全てのことにまっすぐで時に無神経な彼女の存在が、この物語をたまらなく魅力的なものにしていると思います。そんな春子も明るいだけの少女ではなくて挫折と絶望を味わうけれど、そこから彼女を引き上げるのがパートナーのドーベルモンと友人のシーラであるというのがいい。新しい世代が自分たちで勝手に立ち上がって古い世代(=リリスモン)を乗り越えていくあのシーンは痛快でトップクラスに好きなシーンです。

  本作を序盤まで読んで、最初は「新しい未熟な選ばし子どもが事件を乗り越えて成長し先輩に認められるようになる物語」だという印象を抱きました。しかし読み終わってみると、変化・成長したのはむしろジェームズ達であるような。「古き良き未来」は現実離れした過去のイメージに過ぎないけれど、それが語っている理想は未来のことで、だからこそそれは新しい世代が現実を変えていく強い力になる。そんなことを春子とドーベルモン、シーラ達は教えてくれたように思います。

 物語の中で幾度となく語られた人間とデジモンが共存する世界に現れた歪み。それはこの物語が終わっても何一つ解決してはいません。しかしそれでも僕がこの世界の未来に、新しい世代の息吹に希望を抱かずにおれないのは、作中で春子とドーベルモンという新世代二人の友情を綿密に描写したからだという気がします。仮に世界規模の変化と救済を描写して大々的なハッピーエンドにしたとしても、ここまで希望に満ちたエンドにはならなかったでしょう。ジェームズの「私にはもう、とてもそんな確信は持てないよ」という台詞が象徴するように、ここから先、再び何が起きるかわからない「エンドロールの続きの続き」の物語の到来を予感させる素晴らしいエンドでした。
 
 ストーリーの面白さは勿論。ジョーダンとミスティモンの関係、タツキとアグモンに嫉妬を抱くジェームズの描写など、パートナーの関係性を深く描いたデジモン小説でもあったと思います。素敵な小説をありがとうございました。


スレッド記事表示 No.4937 グッド・オールド・フューチャー 9/また会おうRyuto2018/03/26(月) 00:00
       No.4938 エピローグ/2049年の選ばれし子どもRyuto2018/03/26(月) 00:00
       No.4939 あとがきRyuto2018/03/26(月) 00:01
       No.4946 よ、よ〜し、一番乗りだぁtonakai2018/03/26(月) 21:11
       No.4958 英雄ってのは英雄になろうとした瞬間に失格なのよね夏P(ナッピー)2018/04/07(土) 04:03
       No.4989 古き良き?感想ut2018/05/03(木) 19:17
       No.5011 感想ですアナ銀スカイウォーカー2018/06/20(水) 10:40
       No.5012 エンドロールの続きの続きマダラマゼラン一号2018/06/20(水) 13:42
       No.5013 感想返信Ryuto2018/06/24(日) 23:43