オリジナルデジモンストーリー掲示板NEXT
 

小説とその感想の掲示板です。小説を投稿される方は小説投稿規約を必ずお読みください。

         


ID.4939
 
■投稿者:Ryuto  HOME MAIL
■投稿日:2018/03/26(月) 00:01


あとがき
 終わってしまいました。
 毎回、書いてる最中は「もう嫌だ辛いこんなん完成しないよ投げ出したい誰だこんなの書こうと思ったのあっ俺だ」とか思っているのに、いざ完成して投稿してしまうと寂しくなるのはどうにかならないでしょうか……。
 特に今回の場合、世界観やキャラクターから作ったデジモン小説としては『三月、暗闇の舞台で』以来なので(『時空を超えた戦い時空を超えた戦い』『バウンダリー』はアニメ準拠、『幾千のアポカリプス 覚醒矛盾』はスピンオフ……)、そういう意味でも本作は思い入れがひとしおです。

 さて、例によって本作の「あとがきらしいあとがき」は文庫版の方で書いてしまったので、こちらでは裏話的なことを(まだ本編を読まれてない方には一応ネタバレ注意です)。


 クライマックスの展開ですが、当初のプロット段階では、ジェームズは対ウォーグレイモン戦で命を落とす予定でした。
 本作は「世代交代」がテーマになっているので、ジェームズが死ぬことで彼の何かを春子に引き継ぐことができれば……とか考えてたのですが。
 ただ、5話を書いた辺りの段階で先が見え始めたころ、「春子とドーベルモンが自分たちの力でジェームズを救わないと彼らは自信をもって前を向くことができないのでは」と思い、結果として今の形になりました……実は『幾千のアポカリプス覚醒矛盾』の丘岬アンナと同じ死亡フラグ回避が発生してしまったという。
 今ではこの形にできて良かったと思います。春子とドーベルモンがちゃんと次のステップに進めたと思うので。

 ところで、ラストで春子とドーベルモンは一体どこにいたのでしょうか?
 この部分は描写してないので正解はないのですが、個人的な想像として……春子はウォーグレイモンを見つけるために、彼にとってゆかりのある地を旅しているのではないかと思います。
 春子は(名前こそ日本人名ですが)2030年代のデジタルワールドで生まれた少女で、リアルワールドは伝聞や本や映像の中でしか知らない、未知の世界です。
 となれば、すっかり開発されてしまったデジタルワールドではなく、ウォーグレイモンのパートナーの故郷である場所に彼を探しに行ったのではないかと……(ちょうど、草薙タツキが未知の世界だったデジタルワールドを冒険したように)。
 果たして再会はできるのでしょうか?
 途方もない冒険になりそうですが……上手くいって欲しいですね。「まだ後悔してないので!」って言ってたし。

 最後に謝辞を。
 プロットの段階からご協力いただいたShot-Aさん、キャラクター造形からキービジュアル・挿絵まで描いてくださったENNEさん、文庫版の口絵を描いてくださったオデンさん・にえあさん、本作のロゴをデザインしてくださったネットスターさん、そしてここまで本作を読んでくださった全ての皆様に、心より感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

2018.3.26 Ryuto

BOOTH:https://dirryuto.booth.pm/


スレッド記事表示 No.4937 グッド・オールド・フューチャー 9/また会おうRyuto2018/03/26(月) 00:00
       No.4938 エピローグ/2049年の選ばれし子どもRyuto2018/03/26(月) 00:00
       No.4939 あとがきRyuto2018/03/26(月) 00:01
       No.4946 よ、よ〜し、一番乗りだぁtonakai2018/03/26(月) 21:11
       No.4958 英雄ってのは英雄になろうとした瞬間に失格なのよね夏P(ナッピー)2018/04/07(土) 04:03
       No.4989 古き良き?感想ut2018/05/03(木) 19:17
       No.5011 感想ですアナ銀スカイウォーカー2018/06/20(水) 10:40
       No.5012 エンドロールの続きの続きマダラマゼラン一号2018/06/20(水) 13:42