オリジナルデジモンストーリー掲示板NEXT
 

小説とその感想の掲示板です。小説を投稿される方は小説投稿規約を必ずお読みください。

         


ID.4859
 
■投稿者:パラ峰  HOME
■投稿日:2018/02/10(土) 21:48


聖剣転生Legend-Arms 2-2 九つのモノリス
「天使奥義書――ザ・グリモワール・オブ・アルマデル。市井にも流通してるし、俺も一回読んだことあるけど――」
 アルマデル奥義書は、数多存在する天使悪魔のタリスマンを作成する方法の記載された書だ。安いとは言わないが、ネット通販で普通に手に入る。オカルトの造詣を深めるために、英和辞書片手に図書館で注文して読んだこともある。だが、Jに渡されたそれは俺の知っているそれと遥かに異なっていた。
「――それは見たことないな。明らかにやべーもんだ」
 なんと形容したものか。一目見ただけでめまいを覚える。湧き上がってくる漠然とした不安感と高揚感が、如何にもそれが当然であるかのような佇まいで胸の裡に確として存在してしまう。素養のない――超常現象に触れたことのない――者でさえ、このおどろおどろしさには一抹の不快感を覚えることだろう。あたかも初遭遇時の俺と定光のように。
「ご名答だね。どうやらこの中では……」
 ところがJはチャットで聞いていたようにオカルト事象に遭遇しているどころか、デジタルワールドを直に旅した張本人だ。一切の頓着なく繊細な手つきでページを捲っていく。黒装束に身を纏っていなくても、制服と魔導書のミスマッチさはそれはそれで絵になるものだった。……いや、美形は何をしてても絵になるか。
「有意に意味を持っているのはこのページか」
 破魔矢を思わせるその指が示したのは、ルシファーとベルゼビュート、そしてアスタロトの印章[Sigil]の載ったページ。思わず『デジタル・モンスター』の中で、これらの魔的存在を模したモンスターがいたことを思い出す。そこに意味はあるのだろうかと疑ってしまうが、きっとある。宮里定光がこのタイミングでこの書物を持ってきたこと、きっと想像もつかぬ運命的な意味がある。あるいは、それもJの計画の内なのかもしれないが。
「見たまえ、ASTAROT――アスタロトのシジルだけが、黒々と輝いている」
 二つの円形を鍵状の直線がつなぎ、蛇のように湾曲した模様が絡みついている。



 この模様が何を指し示すかまでは、印章学など齧ってすらいないためさっぱりわからない。だが明らかに、シジルが活性化していることだけは分かる。
「近く、この印章が使われたのだろうね……どこでこれを?」
「さる筋からとしか言えんね。これでも信用ある方なんだよ。あと結構な金もかかってる」
「あぁ、そ。で、そんならお前はわざわざこれを見せに来て、どうしたいわけよ」
 ひょっとすれば、デバッグ作業に関与する可能性もある。どうにかして情報は得ておきたいところだが――と考えたところで、ニヒルに口元を歪めたロン毛の茶髪の進言は、思いもよらぬ方向へ転がった。
「興味あんだろ?」
「「ある」」
 実にありがたい話だ。
 もっとも、デジタル・モンスターに拘わる事象がなくても、そもそも俺たちはそういう人種だった。というか、少なくともそうでなければ、一度超常現象と遭遇させられた時点でこの男との交友を絶っている。
 ましてや今回はJが舞台に上がっている。幾ら定光がそういう事象に慣れていても、デジタル・モンスターは、物理的にこれまでの怪異とは格が違うだろう……放置は得策でない。例え、ウェンディモンの発生が民話に準じたもので、更に人間を乗っ取って発生するというオカルト染みたものであったとしても。
「俺は今夜、もう一回そこへ行く用事があるんだよ。それにフレンズが勝手に着いてきたとしても、何らおかしくはねぇわな」
 ――Jサンだって、こういう話にゃ一家言あんだろ? 聞いてるぜ。と宣うその口は、悪魔的な誘惑と言って遜色なかった。



 その日の放課後、俺たちは宮里家から最も近い喫茶店で時間を潰していた。出立の時刻になれば、携帯に通知が来る手筈になっている。
「さて、今の内に状況の整理と行こうか」
「それはいいけど奇異の眼で見られてるの理解してる?」
 テーブルに乗せられ、半分ほどが平らげられたぷりん・ア・ラ・モードを前にシルクハットを目深に被り直し、Jは言った。相も変わらず目立つ格好だが、今日は俺に至ってもそうだった。Jの用立てた――胸に手を置かれただけで服装が変わったのだが――深いネイビーの二重回しとんび。成程季節は冬であることもあり、日も既に落ちている。闇に溶け込むのには最適な服装かもしれないが、店内では衆目を集めることは否めない。
「しているとも。前にも言ったが、蒙昧共の視線など気に留めるな。それに、話題の内容もあれば自然と興味を失っていくさ。
 アスタロトのシジルが活性化しているということは、アルマデル奥義書の所有者がそれを使用したということだ。ならば、召喚されたのか介入したのかはわからないが、どこかに魔人型・完全体の痕跡があるはずだ」
 確かに『デジタル・モンスター』のことを知らずとも、"アスタロト"だの"奥義書"だの言っていれば、そういう趣味の二人組が議論に興じているだけだと思われるだろう。
「なるほどね。逆に普段の服装でこういう話をするよりもいいかもな。考えられて――ほんとに考えてる?」
「本音を言うと、君に私と似合いの服装でいて欲しかった」
 ずるい。
「そういうことなら慣れてやるよ、まだ気が重いけどな、この服装。で、その痕跡を探るのが今回の目的という認識でOK?」
「可能ならばアスタモンの送還までしたいがね」
 同感だ。悪辣な"ダークエリアの貴公子"など、放っておきたくはないし、探っていることを悟られたくすらない。リアルワールドに出てきて間もないのか、それとも既にこちらで暗躍を始めているのか。それすら分からない以上、悪い方向で考えておくべきだろうか。
「実際、どうにかできる算段はあるのか」
「アスタモンだけならば、如何様にでも。というかご存知の通り、以前倒した種族だ。君もいるなら絶対に負けない」
「随分な自信で。まあ俺も不思議とそんな気がするんだが、今回は味方も随分と少な――時間か」
 間の抜けた電子音。定光からの『行ってきwまwwwwすwwwwwwwウェイウェイwwwwww』という文面が何とも腹立たしい。
「今から5分後、この店の前を彼が通ることになっている。出ようか」
 支払いを済ませ、のほほんと歩いてきた定光を待ち伏せた。



 爽やかに揺れるロン毛を追いかけること一時間弱。俺たちは街はずれの打ち捨てられたコンサートホールに着いていた。そう言えばここは数年前に、とある演劇で多くの観客が失神・昏倒する事件が多発して以降、不吉な噂が立ち上り始め、自然と閉鎖に至ったのだと覚えている。彼らの内ほとんどは、精神疾患を発症するか、あるいは植物状態に、最悪は自死に至ったという。
 その演劇の名前が何だったか、あるいは失神した観客には共通する特徴があった筈だがどんなものだったか思い出せず難渋していると、素早く小声でJが話しかけてきた。
「ツェーン、ここに来たことは?」
「ある」
「最後に来たのは?」
「一年前」
 Jにも話したが、ちょうど寺生まれのTさんと邂逅した場所だ。
「あのモノリスに見覚えは」
 指さす方向に目を凝らすと、夜闇に紛れて幾本もの巨大且つ扁平な漆黒の巨石が立ち並んでいることに気が付いた。よく見れば、後方――俺たちが歩いてきた方にも何本か存在している。
 モノリスは左右対称に、そしてコンサートホールに向かうにつれてその間隔は狭くなっている。
「ない」
「本数は八か。ツェーン……」
 辺りを見回し、その本数を確かめた。そして口元を軽く歪め、冷や汗を流しながら。
「心した方がいいかもしれない。急ごう」
 まるで無理に笑っているかのような様相で、Jは歩みを再開した。



 定光がコンサートホールの入り口に辿り着き、そこから出てきた人物(そもそも、この廃墟から人間が出てくること自体が驚くべき事態だが)と会話を始めたのを確認し、俺たちは細心の注意を払ってホールの裏口へと回った。
 道中、Jがモノリスを間近で見てみようというためそちらへ寄り道したが、正しく信じ難い情景が広がっていた。
 光源がほとんどないのに、モノリスから八方向に影が伸びている。引き込まれそうな闇色なのに、光沢を放っている。かと思えば黒曜石でできているわけでもなく、オニキス、オブシディアン、スピネルといった鉱石類でも、蛇紋岩や玄武岩などの岩石でもなさそうだ。そもそもこのモノリス、一切の混じりけのない巨岩を、一切の凸凹もなく切り出している。触れてみた冷たく無機質な感触はイメージ通りだが、これほど完全な黒色の物体など、あるとしたら人工物でしかありえない。いやそもそも、人類の技術でこれは創り出せるものなのだろうか。およそこの世のものとは思えない巨岩。それはつまり、人外の――デジタル・モンスターの関与を示唆するものではないのだろうか。
「知りたいことは分かった。ずっと見ていていいものじゃない。行こう」
 モノリスに手を触れたまま思考の渦に飲まれていた俺を、隣で顎に手を当ててモノリスを眺めていたJが引きずり出す。腕を引かれたままJの導きに従って、コンサートホールへと裏口から侵入した。
「なあ、あれは――なんだ」
「アレに正確な名称はない。便宜上モノリスと呼称したが、それは我々が知る概念としての名前でしかなく、構成素材もこの世界のものじゃない」
 裏口の扉を引くと、目の前には階段があり、すぐ左手に鋼鉄の扉があった。扉には黄色いスプレーか何かで、どこかで見覚えのあるマークが描かれていた。
「少し待って」
 インバネスの内側から銀細工の施された黒色の小箱を取り出す。中から取り出される数々のピッキングツール。
 Jが鮮やかな手並みで鍵開けに挑戦しているさ中、俺はこの黄色い模様をどこで見たのか考えていた。脳の片隅にひっかかったような既視感だ。既視感がある。
「お待たせ。開いたよ」
「これなら家の鍵ぐらい一発だな」
「お褒めに預かり光栄至極さ」 
 思考を中断し、扉を開く。こちらも引き戸だ。
 扉の奥で、再び階段が俺たちを出迎えた。
「何かと問われれば、呼び水――というのが正しい」
「呼び水?」
 暗闇の中、階段をゆっくりと降りながら囁く。
「この先にいるのは、きっとアスタモンだけじゃない。その眷属――デビドラモン辺りもいる筈だ」
 何故そんなことが分かるのか。そもそも何故淀みなく地下への階段を見つけ、降りていけるのか。少しもわからなかった。昨日聞いた以上にも、Jには秘した情報があるのだと確信した――その、時だった。
 まるで聞き耳を立てているかのようなタイミングで、深淵の奥の奥の方から、無数の羽ばたき音とギィギィという鳴き声が轟いた。
「アスタモンはまだわからないが、少なくとも眷属の方は、最早我々の知るデビドラモンではないだろう」
 蝙蝠を連想させるその不快感に満ちた音の振動にも、Jは少し顔を顰めたぐらいで歩みを止めない。
 やがて階段は終わり、そこには今時キャンドルライトではない本物の蝋燭の灯りで照らされた地下空間が広がっていた。明らかに人為的な手が加えられているのは、壁に挿入された燭台の存在からも明らかだ。
「思い出した……」
「どうしたね、ツェーン」
 その燭台の全てに着けられている装飾。縞瑪瑙に象眼の金細工の留め金。一つの円を三本の曲線が取り巻いている黄色い印。さながらクエスチョンマークが三つ並んでいると言ってもいい。




 俺はそれに見覚えがあった。以前の観劇を経て、凄惨な末路を辿ったという観客たち。彼らが一様に手にしていたものは、このオニキスのブローチではなかったか。
「この劇場、数年前にとある演劇をきっかけに閉鎖されたんだ。その時、意識を失った観客が多発して――目を覚ましたその観客たちは、皆そのブローチを持っていた」
「黄の印を……か。それが数年前ともなれば、この場での儀式は、かなり以前から計画されていたことになるね」
 確かに、一年で八本のモノリスを建立するなど、正気の沙汰ではない。だから綿密な計画があっただろうことには同意するが、儀式。儀式だと……?
「J、何を知っている。何故迷いなくここに来れた」
「少しばかり、理の埒外の知識に明るくなってしまっただけさ――と言っても納得はしないか。ひとつ言えるとすれば、あれだけの扁平で薄く長大な物質を固定するには、地下にまで食い込ませる必要があると思っただけだよ」
 飄々とした調子。イグドラシルの触覚ともなれば、確かに閲覧できる知識は膨大に過ぎるだろうが。
「種明かしは後だ。Legend-Armsを構えたまえ」
 訝し気にJを見ていたが故、前方への注意が疎かになっていた。
 弾丸の速度で飛んできた一体の怪物。黒光りする、爬虫類の如き皮膚。残像の様に赤い四つ目が尾を引いて、深紅の爪がこちらを引き裂かんと迫っていた。
「舐めるなよ」
 ほとんど反射的にズバモンを構え、その勢いのまま振り抜いた。両断されたデビドラモンは勢い余って床を数メートル滑り、そこで消滅するかと思ったが……。
「コイツらは生命力がずば抜けて高い。真空でも生きていけるぐらいだ。殺すなら徹底的に――だ」
 正中で両断され、確実にデジコアを破壊された筈なのに、デビドラモンは無様な姿ながら未だにもがいていた。その姿に、思わず頭を潰されてもまだ翅や肢を動かす昆虫を連想するのも無理はあるまい。
「体感だが、おおよそ四肢と頭を落とせば死ぬよ」
 JがVブレスレットより現出させたアルフォースセイバーで、蠢くデビドラモンを細切れにした。デビドラモンの残骸は風に吹かれるかのように粒子となって消滅する。
「勘付かれたということはないだろうが、無闇に立ち止まるのは賢明じゃないだろうね」
 同感だ。
 武器を収め、足早に進むJについて奥へ進んでいった。



 方角的には、コンサートホールの裏口から少し進んだところだろうか。外で左右対称に立ち並ぶモノリスの間隔、それがゼロになる交点がここだ。
 細心の注意を払い、デビドラモンとの遭遇も避け、足音一つ立てていない。衣擦れの音とデビドラモンの鳴き声だけが、静寂の中に存在していた。
 目の前には両開き扉がある。扉にはここまで何度も目にした紋様ではなく、アスタロトの印章が刻まれていた。
 Jがシルクハットを片手に持ち、扉に耳を当てている。指さして俺にもそうするよう告げたため、俺も同様にその金属に近づいた。
 扉が厚く、聞こえてくる文言は断片的だ。しかしこれだけ厚い遮蔽物を隔てて聞こえてくる時点で、相応に大音量だと理解できる。少しの間聞いていると、その意味までは分からないまでも、言葉に籠められた感情ぐらいは認識できる。
『い……あ……はす……ぶる……ぶるぐ……あい……はすた……』
 これは……祝詞か? 礼賛と歓喜と悲願と誓願が混じり合ってうねりを作っている。そう感じた――その時だ。
「扉の向こうにいる者、息を殺しても意味はない。俺は全て把握している」
 扉越しに声が聞こえた。驚いた、驚いたが、相手は常識の埒外の存在だ。透視能力や、近辺の生命を把握する能力があっても無理はない。
 Jと顔を見合わせて、いつでも武器を手に取れる状態にしておく。すると扉が向こう側から開かれた。
 驚くほどスムーズに開いた扉の向こうには、広大な空間が広がっていた。そしてデビドラモンが数体上空――地下空間だから、中空とでも言うべきか――を旋回していた。地には黄色の儀式的なローブに身を包み、モノリス(恐ろしいことに、俺たちが地下に潜ってからの短時間で設置されたようだ)を円形にとり囲んだ人間が十数名。彼らは先ほどの祝詞のような文言を、俺たちに構うことなく唱え続けている。その祈祷文を延々と聞いていると、まるで平衡感覚を狂わされたかのような気分になる。
「聞くなツェーン。意識的にシャットアウトしろ」
 隣から聞こえる蜘蛛の糸じみたローレライの声。カンダタになった俺にはそれが無性に頼もしい。
「……フン、そちらの女は事情をよく知っているらしい」
 円陣を背にして俺たちに話しかけているのは、アスタモンだった。ワインレッドのシャツに、ストライプのスラックス。しかしそのマフラーは燃えるような赤ではなく黄。揺らめくコートから覗くジャケットには、ラペルピンの代わりに、今日幾度となく目にしたブローチが着けられていた。
「俺も甚だ遺憾ではあるがね。最早この身では抗えん……かわいい部下共もあの有様だ」
 苦々し気に歪められた口元は、熊の被り物の下で随分と消沈して見えた。
「故にお前たちに希おう――儀式の完遂よりも前に、この俺を止めて見せろと!」
 ダークエリアの貴公子は、本来有するだろうカリスマからは想像もつかぬほど憔悴した様子で、勝負を挑んできた。



 忌々しい祝詞をバックミュージックにして、アスタモンは躍る。追尾機能付きの魔弾はJが防いでくれるが、短刀一本で俺と鍔迫り合えるとは想像以上だ。
「手加減はできん――『マーヴェリック』!」
 アスタモンの右脚に膨れ上がる暗黒の気。剣と短刀の接触を断ち間一髪で回避するものの、デビドラモンの鋭い牙が視界に迫った。しかし、涎を撒き散らすギザギザとした刃は俺を害することすら許されず蒸発した。
「聖弩ムスペルヘイム……? 女、貴様は一体……?」
 背後のJが放った破魔矢。灼熱世界の名を与えられたその弩が、デビドラモンを貫いていた。
「露払いは私がする。辺りを気にせず戦え、ツェーン!」
「了解だ」
 再びズバモンを構える。対するアスタモンは俄かに警戒を強めたようで、短刀とマシンガンを構え直し距離を測っている。
「貴様もだ小僧、俺と結び合えるなど、お前本当に人間か?」
「そうは言うが、お前、負けたがってたんじゃないのかよ」
「無論、それはその通りだが――」
 くいと顎で指し示せば、無数のデビドラモンがJに殺到する。だがそちらを心配する間もなく、目の前の魔人は左手のオーロサルモンに火を噴かせた。
「――不可解には違いあるまいよ。これで『ヘルファイア』は防げまい」
「おいおい、随分クレバーな戦術だな」
 Jの援護がない。となれば悪竜の対処に手間取っているとみていいだろう。猟銃の如きこのマシンガンは文字通り地獄の果てまで相手を追尾する。回避は不能で、防ぐしかないが俺もJも肉体は人間だ。ナイツの聖盾か魔楯なくして、これを凌ぐ術はない。ないが、恐れも絶望も、微塵も存在していない。
「だが、お前はまだ俺を舐めている」
「なんだと……?」
 掌の中の金色が一際輝く。進化――というわけだ。強者と斬り結ぶこと、それこそが己の経験値であると言わんばかりに、ズバモンは魂を震わせながら成熟期へと進化した。
 デジタルワールドの実在を受け入れた俺には、その名前も伝わってくる――ズバイガーモン。相も変わらず一言も話さず、モンスターの姿を取ることもないが、剣の造形は変化している。ファルシオンの如き湾曲した片刃。されど相変わらず刀身も柄も黄金だ。
 そして、新たに獲得した特性は――。
「大した火力じゃないな。これならマーヴェリックの方が余程恐ろしい」
 ――絶対に折れない。
 後退しながら金色の剣で弾丸を斬り飛ばし、斬り飛ばし斬り飛ばし斬り飛ばし斬り飛ばし斬り飛ばし斬り飛ばし斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り斬り散らし、銃弾に触れる部位が剣の先端から刃の根元にまで至った。落としきれない残りを、剣腹で全て受け止めた。
 余りにも人間離れした動きだが、それができる。Legend-Armsとは、意志持つ武装とはこれ程のものなのかと正直戦慄する。
「ほう……」
 アスタモンの声が少し上擦った。
「いいぞ……俺も滾ってきた。不謹慎だが、ここまでの相手は久しぶりだ……末期の戦を、もっと楽しませてくれ!」
「ハッ、随分マシな表情になったじゃねえか。良いぜ相手になってやる」
 今も変わらず唱えられている呪いの祝詞は最早耳に入らない。マシンガンを放り捨て、短刀一本を胸の前に構える目の前のアスタモンから注意を離せない。弧を描く様に距離を取り合いながら、一歩でも動けば剣戟が始まると互いに了解している。奴はリーチの面で、俺は時間制限の面で互いに不利がある。加えてアスタモンの勝利条件は、奴の言葉から察するに敗北だ。だから時間稼ぎということは有り得ない。
 機会を。そう機会を待っている。懐に入る機会と、懐に入れずに斬り殺す機会を。
「ツェーン、無事か!」
 デビドラモンを始末し終えたであろうJが叫んだ。それを合図に、アスタモンは跳んだ。
 愚直な突進ならば、光の速度であろうと対応してみせた。ズバイガーモンは、この剣はそんなもの幾度となく斬っている。
 だがこの魔人は、空間を縦横無尽に跳び回る。背中に広げた羽根がむしろ重しでさえあると言わんばかりに、自ら跳弾となって所在を悟らせない。そしてその速度は、余りにも迅すぎた。
「来たか――!」
 首筋に迫る殺気。余りの高揚に隠し切れなかったのだろうそれを察知し、間一髪受け止めた刃が視界の隅で煌めいている。そう言えば、このナイフに銘はあったのだろうか、今度Jに聞いてみよう。そう思いながら、辛うじて受け止めた切っ先に力を籠める。
「な、にィ……!」
 『なんでも斬れ』て『絶対に折』れない剣だ。短刀一つ断ち切れないでなんとする。
「まだだ!」
「な――て、め……!」
 オーロサルモンを手放し、自由になった左手が俺の首を締め上げた。黄金の剣はアスタモンの短刀を半ばまで斬り進めたところで留まった。
「ツェーン! 今助ける……!」
 俺の剣がアスタモンを切り裂くのが早いか、アスタモンが俺を絞め殺すのが早いか。あるいはこちらへ駆けてくるJが、服の下から伸びた帯刃でアスタモンを切り刻むのが先か。
 時が止まったかの様な世界で、しかしその時はやってきた。

『――ぶるぐとむ ぶぐとらぐるん ぶるぐとむ あい! あい! はすたあ!』

 呪文が完成する。

「ガ――しま、った……! 熱中、し過ぎたか……」
 アスタモンの腕が緩む。拘束を抜け出し、その姿を認識した瞬間、見るも恐ろしいその無念の表情が目に焼き付いた。
 アスタモンの姿が変貌する。熊の被り物は蒼白にして無表情な仮面へと。ワインレッドのシャツも、アッシュのコートすらも目に痛いほどの黄色へと。およそ全身に纏う全てが、黄色の襤褸になっていた。
 時々この存在に荘厳な翼があるかのようにも見え、またある時は後光に覆われているかのようにも見える。
 Jが息を呑む。
「キング・イン・イェロゥ……!」
 背後で扉が閉まる音が聞こえた。
 扉に描かれていたアスタロトのシジルが黄色に輝きながらひとりでに動き、三つ並んだクエスチョンマークを形作った。


スレッド記事表示 No.4839 聖剣転生Legend-Arms 1-1 Jという人物パラ峰2018/02/04(日) 14:48
       No.4840 聖剣転生Legend-Arms 1-2 心臓の凍り付いた男パラ峰2018/02/04(日) 14:52
       No.4841 聖剣転生Legend-Arms 1-あとがきパラ峰2018/02/04(日) 15:03
       No.4846 YOUは何しに日本へ夏P(ナッピー)2018/02/05(月) 23:29
       No.4848 RE:聖剣転生Legend-Arms 1-1 Jという人物Ryuto2018/02/06(火) 00:03
       No.4857 じーざすShot-A2018/02/10(土) 21:20
       No.4858 聖剣転生Legend-Arms 2-1 朽ちた情報統合樹パラ峰2018/02/10(土) 21:38
       No.4859 聖剣転生Legend-Arms 2-2 九つのモノリスパラ峰2018/02/10(土) 21:48
       No.4860 聖剣転生Legend-Arms 2-あとがきパラ峰2018/02/10(土) 22:09
       No.4868 僕らの時代のフォークロアマダラマゼラン一号2018/02/11(日) 17:03
       No.4870 大概度し難い夏P(ナッピー)2018/02/11(日) 23:22
       No.4885 たいへんよくできましたShot-A2018/02/16(金) 16:53
       No.4888 黄金の蜂蜜酒はいいからキュケオーンをお食べ狐火2018/02/17(土) 01:59
       No.4903 我が声を聞け! 全砲門、解錠!!tonakai2018/02/23(金) 07:19